fc2ブログ

"私は王にソイダ"チュ·ジフン "現場に金銀財宝が敷かれていました"

1340687123-3.jpg


俳優にとって一番良い勉強は学校や練習室で学ぶことではなく、現場で試行錯誤を経てながら生きている演技を学ぶことです。そしてその現場に演技に一生を生きてきたそうそうたる先輩俳優たちが一緒なら、それは若い俳優にとって、これ以上できない祝福となるだろう。 軍除隊後初の復帰作として映画"私は王にソイダ>を選択したチュ·ジフンが、まさにこういう祝福を受けた俳優の名前を上げた。チュ·ジフンは、軍隊で除隊するやいなやジャンギュソン監督が演出を引き受けた史劇コメディー映画"私は王にソイダ>で朝鮮最高のソングンイン世宗大王がされている"チュンニョンデグン離島"と彼そっくりな奴婢"ドクチル"の1人2役を演じ、演技的に厳しい挑戦に乗り出した。しかし、幸いにも"私は王にソイダ>には、演技なら忠武路でも認めるというペク·ユンシク、ピョン·ヒボン、パク·ヨンギュ、イム·ウォニ、キム·スロなど錚々たる先輩俳優たちが一緒に出演してチュ·ジフンに演技について多くのことを教えてくれることができる。 世宗大王の隠された秘話を"王子と乞食"の童話に例えて好奇心が強く広げては史劇のコメディ映画"私は王にソイダ>が26日(火)午前、ソウルロッテシネマ建大入口店でジャンギュソン監督とチュ·ジフン、ペク·ユンシク、ピョン·ヒボン、イム·ウォニ、イ·ハニが出席し製作報告会を開催した。 チュ·ジフンは映画の中でそうそうたる先輩俳優たちと一緒に演技をすることができたことについて"現場に金銀財宝が敷かれていただろう"と彼が迎えた幸運を説明した。続いてチュ·ジフンは、 "先輩たちの演技を見てどのように演技をするかたくさん学ぶことができる"とし、 "今回の撮影は本当に祝福だと思っている"との特別な感謝の挨拶を伝えた。 "私は王にソイダ>はチュ·ジフンも簡単な経験はなかった。ドラマ<宮>で立憲君主国となった仮想の韓国で皇太子を演じたことがありますが、史劇演技自体が彼には初めての経験だったし、しかも皇太子と奴婢という劇団の1人2役を演じなければならいた。分量も1人2役に完全に彼にフォーカスが合わされた映画だ見たら朝に撮影を始めて翌日早朝に撮影が終了した場合がかなりあるであったほど。 チュ·ジフンも"台本だけ読んだときは面白い見たが、実際に演技をするだろう史劇特有の言い方が馴染ま楽しさがないように感じられて悩みもたくさんした"と演技に対する苦情を打ち明けた。言い方だけではなく、深い山の中での撮影も多く行われたせいで、チュ·ジフンは、山の転がり、口の中が破れたにも病院に行くことができないため、自らの口をコメン縫い目を抜くなど、言葉で説明をするのは難しいほどの苦労を余儀なくされた。 そんな彼強固に守ってくれたのが、先輩俳優たちだった。チュ·ジフンは"監督や多くの先生たちが皆、しっかりと自分の席を守っておられる方々で、私だけうまくやればされる映画だった"と、 "俳優になるための最初の演技を学ぶときや、どんな勉強よりも先生とした新した新演技することで、勉強だった"と感激を表した。 チュ·ジフンの演技の先輩俳優たちの褒め言葉も続いた。ピョン·ヒボンは"一生の再にくい1人2役を演じることになったチュ·ジフンは、本当に熱心に配役に臨んだ"とし、 "これから俳優としてどのように成長することは分からないが、今回の役割だけは本当に最善の努力を尽くして撮る姿が本当に印象的だった"と褒め言葉を惜しまなかったし、イム·ウォニも"後輩がチュ·ジフンに学んだものが多い"とし、"ジフンがに累を及ぼさずに道を開いてくれなければならという思いで、私も最善を尽くして演技に臨んだ"とチュ·ジフンの格別な演技情熱を賞賛した。 一方、映画"私は王にソイダ>は、朝鮮最高の聖君とされる世宗大王が、実際は小心なこと言い尽くせない王になることを死ぬよりも嫌っていた残りの家出まで敢行した弱虫だった興味深い歴史的な家にチュンニョンデグンこの世子冊封を受けて王子の即位式に上がるまで三ヶ月間の秘密の話を描いた作品。 <面白い映画>、<先生キム·ポンドゥ>、< この章の軍需>などの映画でコメディー演出に卓越した技量を披露したジャンギュソン監督が演出を引き受けて、軍除隊後復帰作となるチュ·ジフンの1人2役演技が引き立って見える史劇コメディー映画"私は王にソイダ>は来る8月封切りする予定だ。
[ユニオンプレス]

1340686038-81.jpg

元記事
スポンサーサイト



2012-06-27(Wed)
 
プロフィール

akiaki

Author:akiaki
大好きなチュ・ジフンさんを応援しています。

他にも 気になることやおすすめスポットなど勝手につぶやいています。
毎日の更新は・・・
よろしくお願いします。

尚、写真等の著作権は借用元にあり、損害を与える目的では使用しておりません

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム